自由人になるために。

【検証ツール】MT4裁量バックテスターの使い方を丁寧に

2018/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

 

こんにちは、@ふひっくすです。

 

今回は、mt4の裁量バックテスターの使い方について紹介します。

公式サイト見ても、若干わかりにくかったのでメモ。

 

 

まず、こちらから購入する

 

MT4裁量バックテスター

 

FT3に比べれば、2500円という破格の値段。

ですが、安い代わりに導入が面倒なのがオチです。

 

例えるなら、スペックの高いパソコンを買う(FT3)

自作PCにする(MT4バックテスター)です。

 

なので、パソコン操作に弱い人はやめておいたほうがよさそうな感じです。

 

初期の設定方法

 

はじめに行う初期設定の方法はコチラ

 

わかりやすくかかれているのでほとんどその通りにできます。

しかし、僕のMT4では「データフォルダを開く」をすると、エラーメッセージが出てできないので(原因不明)、

あきらめて直接入れました。

直接入れても問題なく初期設定できます。

 

直接入れる方法

 

まず、下記のようにルートをたどります。

MetaOuotes」の中の「Terminal」というフォルダの中身です。

 

 

モザイクをかけてあるファイルがMT4の入っているデータです。

どのMT4を入れているかは、モザイクをかけてある上記のファイルのメモを参照してください。

 

 

僕の場合、「082…」のフォルダはXMのMT4でした。

XMのMT4を、裁量バックテスターで使いたいのでこれにします。

 

 

 

上書きの確認が表示されますが問題ありませんのですべてコピーして上書きを実行してください。

と書かれていますが、ここも注意。

上書きすると、そこにあった一部のインジケーターがなくなります。

なので必要な場合は上書きしないでください。

 

上書きするのではなく、ダウンロードの中にあったものを移動させてください。

 

 

まだこれだけでは動きません。

 

あとは、過去チャートをダウンロードしてください。

参考にしたサイトはコチラ

 

これを完了して初めて動きます!お疲れ様です。

 

 

補足:チャートが保存されねぇ!という方へ

→定型チャートを保存する方法はこちら(他サイト)を参考にしました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ふひっくすログ , 2018 All Rights Reserved.