FX初心者がどうすれば大負けしないで済むか考えてみた

 

 

こんにちは、@ふひっくすです。

 

今回は、FXについて紹介します。

備忘録のメモです。

 

結論。徐々に勝てるようにするためにバリヤーを張る。

 

 

バリヤーを張りつつ、勝率や利益率を少しずつ上げていくイメージ(?)

 

 

しばらくは、損切と利確を1:1にする。(30pips:30pipsなど)

 

→適当に取引したとしても(してはいけないが)、だれが取引しても、必然的に負けがスプレッド分のみに収まる。

なので、「50%の勝ち」と「50%の負け+スプレッド負け」

(勝ち負けの確率が偏ったりする多少の誤差はあり)

 

 

リスクは「必ず」証拠金の「1%」に収める

 

リスク(一回の取引量)は必ず1%に収める。

1%に収めることができれば、10回負けることも全然想定内。

 

例)10万円の資金があるとすると、

1 × 10 = 10%なので、1万円の損切で済む。

 

 

トレード手法を極力シンプルにする

 

テクニカル指標は1つでいい。(3つまで。)

複雑にすると…

→よくわからない。エントリー逃しやすい。エントリーポイントが少なくなる。

 

 

トレード手法を検証すること

 

FT3などで、5000以上のチャート分析をして、勝率や利益率を判断。

デモトレードも並行してやる。

そのあとにリアル講座でトレード。

 

 

エントリーポイントを激選して明確にする

 

これはいける!と思ったエントリーポイントでエントリーすること。

間違っても、「エントリーしたくなったからエントリー」とかしないこと。

 

 

危険なエントリーはしない

 

雇用統計などの経済指標発表の付近でエントリーせずに済むように、事前に情報収集する。

荒れ気味のときはトレードしない。

 

 

・FXの板情報を使う

 

それでも不安なら・・・

ポジションや注文状況が見れるFXの板情報をつかう。

(成り行き注文ではなく、「指値注文」の状況が見れるという点に注意)

 

 

まとめ!

 

最初は、長く生き残ること重視。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)