自由人になるために。

初のウーバーイーツ!危ない?不安点6つを丁寧に解説!【Uber Eats】

2019/03/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

こんにちは、@ふひっくすです。

 

ついに、初ウーバーイーツやりました!

2回の配達?(一つは15km離れてた。。帰り際で疲れてて、流石にキャンセル)で801円。(+追加報酬)

 

今回は、ガチの初心者が、まだ1度もやってなくて、迷ってググりまくってるあなたへ。。

超初心者だからこそすぐに疑問に思った、

ウーバーイーツの不安な点について紹介します。

 

 

先にまとめ!まだまだ危険や不満がいっぱい!!

 

・都会は交通量が多く、慎重に運転しないとマジで危ない。

→その上、事故の保険はついてない。自分の身は自己責任

 

・あまりにも遠すぎる案件が来た。

→珍しいのかも?15kmも離れた所に配達!?わけワカメ。

 

・ウーバーイーツ純正のアプリ、位置情報の矢印が動きすぎて分かりずらい。

→Googleマップ使う方がいい。(拡大しても肝心の建物の詳細情報が出ないし。。)

 

・サポートが雑な時がある。

→待っててくださいね。と言われて5分経っても返事がこない通話があった。

 

・キャンセルした時の妙な罪悪感。

キャンセル料はお客さんが払う。配達中の食べ物は全て破棄対象(これが最初かなり違和感を感じた。勿体無いのでもちろん食べる。)

 

・交通費や自転車のレンタル費を引くとまともな給料にならない。1回の配達で大体430円くらいです。

→だけど、精神的にはかなり楽。好きな時に無理のない速さで配達すれば良し。

 

縛られる対象がほとんどないので、バイトより楽しいと感じる人はいると思う。

 

※最初の登録会の時に言われましたが、ウーバーイーツは「バイト」ではなく、

「自営業」として扱われます。

なので一定額(学生や会社員は所得が30万円くらい〜)確定申告が必須。

 

 

たった2回の配達ですが、大体仕組みがわかりました。

 

初のウーバーイーツをした日は2回の配達で終わりました。

というのも、電動自転車を使って、

自宅から梅田まで「往復18km」も自転車で漕ぐからね!。笑

 

 

 

まず、自転車通行が危険すぎる。歩道は人だらけ。車道は駐車だらけ。

 

・都会は交通量が多く、慎重に運転しないとマジで危ない。

→その上、事故の保険はついてない。自分の身は自己責任

 

梅田はかなり都会です。東京ほどでないにしても、道路は以下のように駐車された車が車道左側にたくさん止められています・・。じゃあ、歩道を徐行すればいいか。と思うでしょう。

 

でも、歩道は信号待ちの人だらけで徐行もできないことが多々あります。。

 

電動自転車か他の自転車か・・?どっちがいい

 

結局、一番早く安全に配達できるのは、車道に駐車された車を避けながらの運転。

後ろから通ってくる車に注意しながら運転することを忘れてはいけませんよ!

早く漕がないと後ろから警笛を鳴らしてくる車もいると思うので、なるべく楽に走行できる必要があります。

それには、やっぱり電動自転車が最適です。

 

自分の怪我・自転車の損傷は保障されない!

 

補償されるのは以下の画像の通りです。

対人賠償(相手の治療費を負担)・対物賠償(相手の物を損害した際の負担)

はウーバーイーツが負担してくれます。

 

しかし、自分の身に何が起こっても補償は付いていません。↓

これは突然車に跳ねられて大怪我をした場合も何の対応もしてくれないということです。

「自営業」として仕事をするので自分の身はあくまで自己責任ということですね、。

 

配達が遠すぎて流石に無理でしょ!というのがある。。

 

・あまりにも遠すぎる案件が来た。

→珍しいのかも?15kmも離れた所に配達!?わけワカメ。

 

2件目の配達に行った時、

「遠すぎるから配達をキャンセルする」というパターンを知らなくて、

店舗に受け取りに行ってから配達の途中で遠すぎることに気づきました。

※しかもとても許容できる距離じゃありません。受注範囲が広すぎるバグなのか・・??

 

あまりにも不都合な距離のため、

サポートに電話しましたが、結局、配達をキャンセルするハメに。。

 

最初、通知が来た時にはどこへ配達するか教えてくれない!?

 

配達の依頼が来た時、このような画面になります↓

この時、下の方にある「タップで受け付け」を押さないと詳細情報は一切見れません。

なので、配達先が遠すぎるとかは一切把握できないわけです。。

(できるのであればコメントで教えてください!)

 

なのでこの時、「遠すぎるところは絶対受け付けない!」と思っていても無理でした。

 

 

※更新予定

 

 

まとめ!ウーバーイーツ楽しいけど、運転には十分すぎて配達が少しくらい遅れ気味になってもいいから気をつけてね。あくまで自営業だから。

 

・都会は交通量が多く、慎重に運転しないとマジで危ない。

→その上、事故の保険はついてない。自分の身は自己責任

 

・あまりにも遠すぎる案件が来た。

→珍しいのかも?15kmも離れた所に配達!?わけワカメ。

 

・ウーバーイーツ純正のアプリ、位置情報の矢印が動きすぎて分かりずらい。

→Googleマップ使う方がいい。(拡大しても肝心の建物の詳細情報が出ないし。。)

 

・サポートが雑な時がある。

→待っててくださいね。と言われて5分経っても返事がこない通話があった。

 

・キャンセルした時の妙な罪悪感。

キャンセル料はお客さんが払う。配達中の食べ物は全て破棄対象(これが最初かなり違和感を感じた。勿体無いのでもちろん食べる。)

 

・交通費や自転車のレンタル費を引くとまともな給料にならない。1回の配達で大体430円くらいです。

→だけど、精神的にはかなり楽。好きな時に無理のない速さで配達すれば良し。

 

縛られる対象がほとんどないので、バイトより楽しいと感じる人はいると思う。

 

※最初の登録会の時に言われましたが、ウーバーイーツは「バイト」ではなく、

「自営業」として扱われます。

なので一定額(学生や会社員は所得が30万円くらい〜)確定申告が必須。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ふひっくすログ , 2019 All Rights Reserved.