自由人であるために。

【うざい!】NHKの受信料の断り方3ステップとは!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

 

 

こんにちは、@ふひっくすです。

 

今回は、NHKの受信料について紹介します。

 

 

結論。まじうざい!NHKに料金を払わないで済む断り方!

 

YouTubeに動画が上がっていたのでそちらを参考にしました↓

 

うん、あなたも僕と同じで見るのめんどくさいよね、。

なので要約します!(笑)↓↓

 

【NHKの受信料の簡単な断り方】

 

1.玄関を絶対に開けない。インターホンでやりとり。

 

もしも家に入られたら“住居侵入罪”に問われる。

開けなければ無敵状態^^(笑)

 

2.「テレビは壊れて見れません」と言う。

 

もし、テレビがついているところを見られたら、

「これはDVD(録画)です。テレビ放送は一切映りません。

といえばOKです!!^^(笑)

 

3.再訪されないようにするには?


インターネットから申し込むから、

あなたはもう来なくて大丈夫です。」と言う。(笑)

 

 

住居侵入(不法侵入)は未遂であれ「犯罪」です

 

NHK料金回収の人に、

「確認のためにお宅をのぞかせてもらいます」とかいわれて、(まずいわれないけどね)

家の庭の塀から這い上がってきたその瞬間!

 

もう立派な犯罪です!

電話を用意して警察に通報してください!!

 

こちらからすれば、

「本当にNHKの料金徴収に来た人間」なのかどうかもわかりません。

そんな怪しい人はすぐに通報!^^;

 

くれぐれも家に入られないようにしてくださいね!^^;

 

 

あの有名な「ポケモンGO」も「不法侵入」がありました

 

「ポケモンGO」は、サービス開始されると同時に、

たびたび報道される事故や犯罪が大きな話題を呼びました。

 

やっぱり、ポケモンという不朽の人気ゲームが歩きながらできてしまうと

こうなるわけです↓↓

 

オーストラリアでは民家への不法侵入も

またオーストラリアでは「ポケモンGO」での不法侵入も問題になっているようだ。以下に時事通信が報じている。

キャラクターは民家など私有地で見つかることも多い。西オーストラリア州警察は「『ポケモンを集めていた』は不法侵入の言い訳にならない」と警告した。

出典:時事通信

屋外でスマホの画面を見ながら、ゲームに夢中で他人の家の庭に入ってしまったのだろう。記事内にもあるが「ポケモンGO」が不法侵入の言い訳にはならない。明らかに犯罪だ。

引用元:YAHOOニュース↓  

米国、オーストラリア「ポケモンGO」大人気で「歩きスマホ」事故やトラブルも増加

 

ニュースにもあるとおり、入っただけで犯罪です。

 

そこのあなたも、

 

「NHKで仕方なく何年も料金を払ってやっていた」

「ポケモンGOをやりながら気づいたら私有地に入ってた」

 

ということがないように気を付けてくださいね^^

 

ダメな断り方(笑)

 

これは、ぼくの母がいままで断っていた言い訳の段取りです(笑)↓

 

  1. (ピンポーン)。。。(ピンポーン)。。
  2. はい?(怒)なんですか?(怒)
  3. NHKの料金回収にまいりました。
  4. 今はだれも家にいません!帰ってください!(怒)
  5. (えぇ…(困惑))
  6. わかりました。失礼します…。

 

いやいや、いるでしょ(笑)

バレバレですやん^^

 

いかにも嘘っぽくてよくないよね^^;

 

 

もし居住者がいないことを言うなら、

「わたしはこの家のものではありません。」

「居住者と友達です。」

 

というのがいいかも。

でも、それだと「また来る可能性大」なので全くおすすめできません(泣)

 

でも。ドアを開けることは絶対にせず、断り続ける。

これができれば大丈夫。

 

帰らなければ犯罪!「不退去罪」

 

また、

「怪しいので帰ってください」

「しつこい。帰ってください!」

と言ってもかえってもらえない場合、その人は「不退去罪」として罪に問われます。

帰らないと「3年以下の懲役または1万円以下の罰金」

たいていすぐに帰ってくれます。

 

 

ドアを開けなければこんなにも有利なのに、

「たとえNHK好きでも」ドアを開ける手はありませんね。

 

 

ここまでの総まとめ!

 

1. 玄関を絶対に開けない。インターホンでやりとり。

もしも家に入られたら“住居侵入罪”に問われる。

開けなければ無敵状態^^(笑)

 

 

あのポケモンGOで話題になった「不法侵入」

 

ポケモンGOと同様、「料金回収に来た」という理由で

「他人の私有地に勝手に入る」ことは許されません。。

 

2.「テレビは壊れて見れません」と言う。

 

もし、テレビがついているところを見られたら、

「これはDVD(録画)です。テレビ放送は一切映りません。

といえばOKです!!^^(笑)

 

とっさにテレビを消したりするところを見られたら

余計疑われるので、テレビつけてたのならつけっぱなしで大丈夫。

さすがにM-1グランプリの録画は生放送じゃないってバレルだろうから

ニュースとか無難な番組にしとくのがいいです!

 

まず、玄関の外からテレビが見えてしまう住宅でない限りは(僕の家は見えてしまう)

全然心配ないけどね(笑)

 

 

それでも帰らない場合は?

 

もし帰らない場合、「不退去罪」という犯罪になります。

警察に通報しましょう。

それか、「もし帰らなければ、「不退去罪として通報しますよ?」」と言いましょう。

たいてい帰ってくれます。

犯罪を犯してまで料金回収する人はまずいないでしょう。

 

3.再訪されないようにするには?


インターネットから申し込むから、

あなたはもう来なくて大丈夫です。」と言う。(笑)

 

 

 

みなさんも、NHKのとりたて屋(?)には十分気を付けてくださいね!^^

それでは~^^/

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
できるだけ直接的に人と関わらないで生きる人生を模索する自由気ままなブロガー/基本的に何もしたくない→ミニマリスト×半自給自足×小屋暮らし×筋トレの生活に憧れる/就職してもすぐに辞めてしまいそうな社会不適合者で、うつうつとしてます。芸大生。/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ふひっくすログ , 2018 All Rights Reserved.